東日本国際交流事業協同組合

011-532-7797
受付時間:AM9:00〜PM6:00

お問い合わせ

外国人技能実習生を受け入れ中の企業様でも、日本でのカルチャーショック、入管法令、外国人技能実習制度、日常生活における種々の悩みや問題をかかえた技能実習生・研修生に対して、心身の健康及び問題解決支援のためにご相談を行っています。 お気軽にご連絡ください。


よく頂く質問

外国人技能実習生制度とは ?
外国人技能実習法に基づいて、開発途上地域の青年を日本の企業が一定期間雇用し、その企業で働きながら技能を修得してもらう制度です。
受け入れできる期間は、どのくらいですか ?
受け入れ期間は原則として3年間で、実績により最長5年間まで延長されます。
どのような職種が対象ですか ?
受け入れ可能な職種は、法令で定められた80職種144作業ですが、このうち当組合では35職種56作業について許可を得ています。
技能実習生の語学力や生活習慣は大丈夫 ?
入国前に母国で日本語を3~6ヵ月学習し、入国後は当組合で日本語のほか法律や生活習慣についての講習を1ヵ月受講して、早期の習得に努めています。
入社後は、帰国の日まで通訳兼指導員が24時間体制でサポートします。
技能実習生の仕事のスキルは、どの程度か事前に確認できますか ?
候補者には、採用ご担当者様に現地送り出し機関で直接面接していただきます。
社会保険の完備した事業所であれば、日本人と同様に雇用できます。
「興味があるので詳しい話を聞きたい」 「今すぐにという訳ではないが …」
「中期経営計画策定の参考として …」 「技能実習生受け入れのコスパは ?」
担当者がご説明にうかがいますので、お気軽にお問合せ下さい !

お電話でのお問い合せ

社 名 東日本国際交流事業協同組合 事務局
住 所 〒064-0805 札幌市中央区南5条西1丁目1-23 北一ビル5F
連絡先 TEL 011-532-7797  FAX 011-532-7855

お問い合わせフォーム(メールでのお問合せ)

※下記のフォームに入力して送信して下さい。後日、担当者よりご連絡いたします。

会社名※
担当部署
担当者名※
メールアドレス※
郵便番号
ご住所(都道府県)※
ご住所(市区町村)※
お問い合わせ内容※